サプリと肩こり予防

サプリと肩こり予防のページ

サプリと肩こり予防

サプリと肩こり予防                                                                      
                                                         スポンサードリンク



  ■サプリと肩こり予防とについて

 サプリと肩こり予防・・・肩こりは筋肉が収縮した状態が長時継続し、肩から背中にかけて筋肉が
こわばっていることに原因があります。
 肩や背中の筋肉のこわばりは、デスクワークやパソコン作業、読書など前かがみの
姿勢を長く継続した時などにおこります。
                                                              トップ>サプリと肩こり予防



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 

  ■筋肉の緊張


 筋肉は緊張と弛緩を交互に繰り返すことで血液が流れでいますねので、
同じ姿勢を続くと筋肉は収縮したままになります。そして血行が悪くなります。
疲労物質がたまり、肩こりや痛みになるのです。

 肉体疲労だけでなく、精神疲労的な疲労やストレスも肩こりの原因の一つです。
心理的な緊張が筋肉の緊張をさせるのです。こった部分をたたまたり、マッサージなどで血行を
よくすれば改善される場合には、とくに心配はないです。

 頑固な肩こりは?
肩こりは首が長い、首が細い、首や腕を支える筋肉が弱いことで肩こりがおこることもあります。
女性には肩こりが多いのは、このためなのです。中高年になると肩がはりやすくなるのは、
首の骨(頚椎)やその周囲の組織の老化が原因です。

 頚椎や関節の病気の症状としてあらわる場合もありますので注意してください。
頚椎椎間板ヘルニアは若い人に多く首を後ろにそらしたりまわしたりすると腕のほうまで
痛み、しびれがはしります。

 肩こりがなかなか治らず、全身の倦怠感や熱をともなうときやせきをすると痛みがひどくなる場合
は、胸膜炎、肺結核の疑いもあります。
 命にかかわる狭心症、心筋梗塞の発作で放散痛といって肩のこりや痛みを感じることもあるので
がんこな肩こりや激痛がある場合はすぐに診察をうけてください。

  ■肩こり予防


 肩こり予防
肩こり予防には、軽い運動をしましょう。同じ姿勢が長くつづく時は、肩をまわしたり、上下に
動かします。こりを感じたら、マッサージや入浴で筋肉をほぐしましょう。
運動は急激に動かすのではなく、力を入れずにゆっくり行うことがおすすめです。

 肩こりは、精神的ストレスや緊張が関係してることもあります。
好きなスポーツをしたり、散歩などでも、気分転換と血行促進になります。

 体を冷やさない食品を摂りビタミンEで血行をよくする。
肩こりは冷えが原因で血行が悪くなっている場合もあります。生野菜を食べるのなら
温野菜にして、しょうがやとうがらしなどのスパイスを使うと体が温まります。

 サプリメントでは、疲労を取り除くビタミンB郡、ビタミンC、血行っをよくするビタミンEや
イチョウ葉エキスが効果的です。

 ミネラルではカルシウムやマグネシウムを摂ることをおすすめします。





Copyright(c) サプリ健康維持通信