サプリと肌荒れ

サプリと肌荒れのページ

サプリと肌荒れ

サプリと肌荒れ                                                                        
                                                           スポンサードリンク



  ■サプリと肌荒れについて

 サプリと肌荒れ・・肌荒れの表面的な場合と全身に原因がある場合が、
肌がカサカサしてうるおいがなくなったり、毛穴が開いてキメが粗くなるなどの肌のトラブルは、
 冬の乾燥した空気、夏の冷房、紫外線、化粧品があってないなど外部の影響のほか、
個人の肌質、全身の健康状態のような原因が考えられます。

                                                                 トップ>サプリと肌荒れ予防



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 
  ■肌荒れになった場合は?

  健康な肌には、皮膚の表面の角質層の保湿物質と細胞同士をつなぐ細胞感脂質というものが一定の水分量を保っています。この水分20%ぐらいあると、細胞はふっくらしてしっとりとうるおいのある肌になります。

 肌荒れやカサつきがあるときは、角質層の水分が不足して、細胞は乾いてまくれあがっています。
この状態をそのままにしておくと、小じわができたり、さらに大きなしわになっていきます。
(女性の方は詳しいとは、思います)

肌がかさつく時のことですが、こういう時につい使いたくなるのがクリームですね。本当に肌が欲しがっているのは水分です。まずたっぷりの化粧水で水分補給をおすすめします。

 さらに角質の中の保湿成分を補う働きがある美容液を使うこともおすすめします。
 乳液やクリームのような、油分のあるものは、最後に使うといいと言われてます。油分は、化粧水などで補給した水分が蒸発することを防ぎ、こーティングの役割もするもので、本来は、自然に分泌される皮脂が、天然クリームとなっています。

 皮脂成分が足りなくなったときにプラスするもので、皮脂の分泌がさかんな時期は使うものとしては、乳液がいいでしょう。 皮脂の分泌は、加齢とともに減っていきます。クリームが必要になるのは、30〜40歳代からと言われてます。もともとドライスキンの人は、少し早めに使う必要があるそうです。

肌荒れがあるときは、洗ったあとのつっぱり感があったり、きっちんと汚れが落ちてないことがあります。1日メイクをしていた肌には、化粧品の油分と空気中の汚れ、肌の内側から分泌された皮脂がくっついています。

 ノーメイクだった日や朝でも、肌の表面には分泌された皮脂があり、こうした油分や脂分は時間とともに酸化して汚れになるのです。ここからトラブルの原因になります。肌は新陳代謝によって古い角質がはがれて新しい細胞になることを繰り返します。汚れを落として、古い角質をはがれやすくするためにも、洗顔が大切です。

 メイクをした日はクレンジグ剤と石鹸の両方で、朝やノーメイクだった日も、お湯、水だけでなく石鹸を使うことをおすすめします。

















Copyright(c) サプリ健康維持通信