サプリと便秘予防

サプリと便秘予防のページ

サプリと便秘予防

サプリと便秘予防                                                                         
                                                             スポンサードリンク



  ■サプリと便秘予防について

 サプリと便秘予防のページでは、便秘に関係するのは、ファイバーですが、
 ファイバーは以前は食物のクズといて扱われていました。
 役に立たないものとされていましたが、現在では、不足するとさまざまな生活習慣病を
 引き起こす大切な機能を持った栄養素として評価されるようになっています。

                                                              トップ>サプリと便秘予防



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 
 ■ファイバー(食物繊維)

 ファイバーは、体内の有害部質を排出したり、カロリーの摂りすぎを防ぐ、コレステロールや糖の吸収をコントロールする便秘を解消するなどの働きがあります。その結果、肥満や糖尿病、動脈硬化、大腸がんなどの予防をします。

 ファイバーには、水に溶けない不溶性と水に溶ける水溶性の2種類がります。
多く含まれる食べ物は、玄米など加工されない穀物、野菜類豆類、根菜類、きのこ類、くだもの、海藻類、おから、きなこえびやかになどです。

 昔の日本人の食生活では、ファイバーは十分に摂れていました。現代食は、欧米食や外食、丼ものなどの一品料理では不足しがちです。

 サプリメントで補給する量は、1日4〜9gです。摂りすぎるとミネラル不足になるので要注意です。
 ドリンクや粒などいろいろありますので、自分にあったものを選びましょう。



 ■食物繊維といえばダイエット?


 健康のための基本成分です。
 食物繊維といえばダイエット用、と考えられていますが、もともと食物繊維は人の腸が正しく動いて
食物を分解吸収するために欠かせないものです。

 食物繊維はおおまかに分類すると、ねか(フスマ)、セルロース、ガム、ヘミセルロース、リグ二セン、植物性粘膜液、ぺプチンの7種類があります。
さらにりんごのぺプチンのように、水にとける水溶性植物繊維と、小麦や米の胚芽などの水にとけない非水溶性植物繊維に分かれます。

 植物繊維は消化されずに排出さえ、その際に体に不要なものは脂質をいっしょに葉質してくれるので、非水溶性の食物繊維には、血中コレストロールを抑制したり、血糖を安定させる働きや便秘の改善、肥満性予防、大腸がん予防などの作用もあります。

 食物繊維は毎日の生活でまんべんなく摂るべきものです。



 ■不足すると


 不足するとなりやすい症状は?
 便秘、腸内細菌のバランスのくずれ、体重増。




Copyright(c) サプリ健康維持通信