サプリと現代病

サプリと現代病のページ

サプリと現代病

サプリと現代病                                                                           
                                                             スポンサードリンク



  ■サプリと現代病について

 サプリと現代病のページでは、現代病はEPAとDHAほとんどの現代病を予防と改善する言われ
 ています。脳細胞の働きを活発にする、悪玉コレストロールや中性脂肪を減らし、
 動脈硬化、血栓ができるのを防ぐ、血圧を下げる、がん予防、アレルギーや関節炎による

 炎症をおさえる効果があるのです。

                                                               トップ>サプリと現代病
   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 
 ■EPAとDHA


 これらの働きによって、記憶力、学習能力が上がったり、認知症の予防、脳梗塞の予防、高脂血症、高血圧の改善に期待さてます。

 不足すると、アルレギー症状、炎症おこしやすくなったり、腫瘍に対する抵抗力が弱くなるのです。食べ物では、脂ののった魚に多く、とくに、さば、いわし、さんま、かつおなどの青背の魚から摂ることができます。

 サプリメントで摂るときは、毎食後に摂るか、魚のおかずがない食事に補うことがいいでしょう。



 ■現代人はEPA、DHA不足?


 EPA(エイコサペンタエン酸)は血栓を予防する脂として、DHA(トコサヘキサエン酸)は脳の働きを
をよくします。アルツハイマーを予防する脂としてよく知られてます。

 EPA、DHAはαーリノレン酸とともに尾根がー3系脂肪酸の仲間です。サケやニシンなど北洋の魚
いわしなどの魚に多く含まれる脂ですが、魚がこの脂を体内で作ることができのは、海で動物性も
プランクトンのエサを食べるからであって、青背の魚でも、動物性プランクトンを食べない養殖魚にはDHA、EPAはありません。

 体内でも、酸素の作用によってαーリノレン酸から合成することができますが、ストレスによって分泌するアドレナリンの影響や亜鉛不足、高コレステロール食、アルコールのとりすぎなどの影響から
EPA、DHAの体内合成に必要な酸素の量が少なくなっていることが言われています。



 ■不足した場合

 不足するとなりやす症状
 炎症を起こしやすくなります。
 中性脂肪値が高くなります。
 脳へ影響ではストレスへの耐性が低くなり、集中力が低下します。



Copyright(c) サプリ健康維持通信