サプリとストレス

サプリとストレスのページ

サプリとストレス

サプリとストレス                                                                          
                                                            スポンサードリンク



  ■サプリとストレスについて

 サプリとストレスのページでは、ストレスには、ビタミンCは切っても切れない関係です。
 ビタミンCは現代食だけでは、不足しています。ビタミンCは体の細胞を結合させる組織の
 コラーゲンを合成させて、血管や粘膜、皮膚、骨を強くするのです。
 また、免疫力を高めて風邪を引きにくくしたり、抗がん作用もあります。


                                                                  トップ>サプリとストレス



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 


  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 
 ■ストレスとビタミンC
  

 ストレスに対抗するホルモンの生成にも関係してます。不足すると、風邪をひきやすくなったり、
出血しやすくなります。 ビタミンCを多く含む食べ物は、柑橘類やイチゴ、パイナップルなどの果物、ブロッコリー、キャベツ、ピーマンなどです。

 ビタミンCは水溶性で、2〜3時間で排出されます。朝夕摂るのが理想です。
ビタミンCはたばこやストレスで大量に消費されます。日ごろからストレスを感じている人やたばこを吸う人は、多めに補給することをオススメします。


 ■ストレスの発生とビタミンC


 ビタミンCは水溶性ビタミンの一つで、口、胃、小腸の粘膜から吸収され、熱、光、酸に敏感で、
加熱、紫外線、長期間の保存によって完全に破壊されるので、ビタミンCが多い食べ物は、
調理や保存法に注意が必要になります。

 ビタミンA、Eと連携で強い抗酸化力を発揮します。
悪名高い酸化化合物(フリーラジカル)はとても不安定な性質で、いつもパートナーとなる相手を探しているのです。ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂肪なども安定して働くパートナーが質、脂肪なども
安定して働くためにパートナーが必要です。フリーラジカルのさがし方はとても強引です。
その上、相手を自分と同じようにフリーラジカル化してしまうのです。どんどんフリーラジカルがふえていきます。

 この酸化の連鎖を止める強力なパワーを持つのがビタミンCです。ビタミンCの分子1個でフリーラジカル2個を無害化します。最大限に力を発揮するためには、ビタミンA・Eと連携が必要になります。
 
 ストレスとフリーラジカルは切っても切れない関係です。ストレス社会に生きる現代人は、
一般にいわれている以上にビタミンCをとらなければならいのです。

 肌の弾力や、うるおいを保つコラーゲン、関節のクッションとなる軟骨などを作り出す働きもあり、
不足すると肌のトラブルや関節痛が起こりやすくなるのです。

 ビタミンCは役割を終えると尿として排出されていきますが、一部はリサイクルされます。
リサイクルを促すのは、バイオフライボノイド(ビタミンP)。かんきつ類など含まれるケンフェロール
などその代表せす。


 ■フリーラジカル


フリーラジカル
心身にストレスを受けると、体内にフリーラジカルが酸化物質が生まれます。これは、細胞の正常な
働きを妨げるものです。活性酸素もフリーラジカルの一種なのです。酸化でダメージを受けた細胞は
細菌やウイルスと戦う力を失い、老化やがん細胞の発生も許してしまうのです。







Copyright(c) サプリ健康維持通信