サプリと代謝

サプリと代謝のページ

サプリと代謝

サプリと代謝                                                                          
                                                     スポンサードリンク



  ■サプリと代謝について

 サプリと代謝のページでは、代謝の要はビタミンB郡です。ビタミンB郡には、B1、B2、B3、B6、B12、 パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類があり、糖質、脂質のエネルギー代謝に欠かせない
 ビタミンです。

 不足するとイライラしたり、落ち込みやすくなったりします。また頭の働きが鈍くなります。
 ビタミンびB郡は、日本人にもっとも不足してると言われてます。

                                                                     トップ>サプリと代謝



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 












  ■ビタミンB群の働き


 ビタミンB1は、糖質の燃焼に必要で、不足すると、全身がだるくなったり、脳のエネルギー供給に  影響が出て、怒りっぽくなったり、不安感が大きくなったりします。ビタミン2は、脂質の代謝に欠か せません。たんぱく質の代謝にも関係してまして、細胞の再生を助けたり皮膚や粘膜を守る働きも あります。不足すると、肌荒れやしっしん、口内炎が出来やすくなります。

 
 B6は、脂肪やたんぱく質の代謝を促し、脳の活動にも関わってます。不足すると、
 物忘れや手足のしびれなどがあらわれることがあります。B12は、葉酸とともに血を
 つっくったり、神経を保護する作用があり、腰痛や肩こりの回復にも役立ちます。

 B3(ナイアシン)には、血行を促進して脳の働きを高める効果があります。パテント酸には、
 疲労を防ぎ免疫力の強化や傷の治りをよくするなどの働きがあります。ビオチンは、糖質や
 脂肪、たんぱく質の代謝を助け皮膚や髪を保つ働きをしてます。

 ビタミンB群は、8種類すべてが配合されBコンプレックスで摂ることをオススメです。
 水溶性のビタミンなので、朝摂っても夕方には、尿とともに出てしまいます。
 朝、夕の食事の時に補給することをオススメします。

  ■相互に働き合っているB群がベスト!


 酸素を働くときに不可欠なビタミン
 酸素を活性化してその働きを促進するものを「補酸素」と呼びます。ビタミンB群は補酸素として
重要な役割をもち、炭水化物や脂肪、たんぱく質に働き、細胞の新陳代謝に深くかかわっています
 ビタミンB群は脂肪を燃焼をさせ「サーモジェニックビタミン」とも呼ばれ、運動をとり入れた健康的
なダイエットには欠かせないビタミンになります。

 それぞれ密接にかかわっているので、一つ一つをとるよりB群としてバランスよく配合されているものをとるほうが効果的です。

  ■ビタミンB群


 ビタミンB1(チアミン)
 炭水化物からエネルギーを生み出すちきや、たんぱく質を体内で有効活用するためには
大切なビタミンです。腸内有用菌の活性化にも必要です。

 ビタミンB2(リポフラビン)
 細胞に酸素を供給をするほか、炭水化物、脂肪、たんぱく質の代謝を促進します。食べ物から
とりやすいビタミンですが、アスパラガスや野菜菜、豆類などは塩ゆですると含まれたビタミンB2が
壊れてしまうので、調理法を工夫するようにしましょう。

 ビタミンB3(ナイアシン)
 血液循環をよくする働きがあるので皮膚のすぐ下の細胞に栄養が運ばれ、肌の新陳代謝が
促進されます。その結果、紫外線、、化学物質、加齢などによるシミ、ソバカス、黒ズミが、改善
されるのです。

 ビタミンB5
老化抑制作用で注目さてる成長ホルモンや、ストレスに強くなるホルモン、性ホルモンなどの生産にかかわるビタミン。細胞の修復など、免疫力アップにも大きな力を発揮するのです。腸内の有用菌
によって体内でも作られますが、腸が健康でないと不足がちになります。

 ビタミンB6
 動脈硬化に引きがねになるといわれるホモシステイン(アミノ酸の一種)の活動を迎えるのが、
<ビタミンB6+B12+葉酸>のパワー。できれば天然のビタミンB6含まれたサプリメントを選びましょう。

 

Copyright(c) サプリ健康維持通信