サプリと肌

サプリと肌のページ

サプリと肌

サプリと肌                                                                     
                                                             スポンサードリンク



  ■サプリと肌について

 サプリと肌のページでは、肌にはビタミンAが必要ですが、ビタミンAは目と肌の健康に大切です。
 ビタミンAには、視力を正常に保ったり、皮膚や髪を健康にする粘膜を丈夫にし、
 風邪などの感染 症ウイルスや細菌から身を守るなどの働きがあります。
 不足すると、視力の低下、夜盲症、口内炎、風邪やすいトラブルがあわれます。


                                                                      トップ>サプリと肌



   ■メニュー

 トップページ
 サプリとマルチビタミン
 マルチミナラル
 サプリと肌
 サプリと代謝
 サプリとストレス
 サプリと血液循環
 サプリと現代病
 サプリと便秘予防
 サプリと体づくり


   ■目的別 

 サプリと肌荒れ予防
 サプリと肩こり予防
 老化防止とプロテイン
 サプリと疲労回復
 便秘・下痢防止
 

  ■プロフィール

 プロフィール


 スポンサードリンク
 
  ■ビタミンA


 ビタミンAは脂溶性です。すでにビタミンAになっている「レシチン」と、体内でビタミンAに変化する
 「βカロチン」があります。サプリの成分は βカロチンで、ほかのカロチンも配合されたマルチカ
 ロチンやマルチカロテインであれば、より効果的です。βカロチンやマルチカロテンは、体内に蓄
 えられて、必要に応じビタミンAとして使われるのです。


  ■サプリには副作用は?


 サプリに副作用は、あるのか?疑問になったことあるのではないでしょうか?大丈夫かな〜。
 そう考えることも、あるのは、当然だと思います。が、人の体は、脂質、糖質(炭水化物)、       たんぱく質ビタミン、ミネラルなどからできます。すべていい状態になれば、よくなるのは、 
 当たり前です。

 ただし、メーカーがすすめる摂取量を守っていれば、副作用はほとんど心配はありません。

 過剰に摂ると副作用があらわれることがあります。
 例:B−カロチンの摂取量が多すぎた場合

   手が黄色くなる。
   頭が重い。
   全身がだるい。

 などの症状がある場合があります。症状がおさまるまで、休み、その後少量から再開しましょう。

  豆知識:B2の影響で尿が黄色くなることがあります。これは、副作用では、ありません。


  ■ビタミンAは何をしてくるの?


 ビタミンAは何をしてくれる
 夜盲症、視力低下を防ぎ、さまざまな目の障害の治療を助けます。
 (感光色素である視紅の形成を可能にします)
 呼吸系の感染に対する抵抗力をつける
 免疫系が適切に機能するのを助ける
 病気の回復を早める
 組織や臓器の外層の健康を保つ
 老班をなくす
 成長を促進を促し強い骨、健康な皮膚、髪、歯ぐきをつくる



  ■ビタミンAは、老化を防ぐ抗酸化ビタミン粘膜や細胞の生成に

亜鉛がないと吸収されません。
目の機能調節と細胞組織の正常な成長が最大の働きです。また老化原因になる無酸化物質
(フリーラジカル)を中和して無害化する働きがある抗酸化ビタミンでもあるのです。

 ビタミンAが体内に入ると、消化器系統で粘膜の生産分泌を刺激して、摂取後3〜5時間で
吸収されるのです。カロチンは必要に応じて体内でビタミンAに変換されて、6〜7時間で吸収
されます。

 体内にビタミンAが正常に働くためには、亜鉛が必要です。亜鉛がなければ、肝臓は、ビタミンA
の働きを活用することができません。また鉄欠乏性の貧血の場合、鉄とビタミンAをいっしょの摂取することによって鉄の吸収が促進されるのです。またヘモグロビンの生産も促進されます。
男性ホルモンのアンドロゲンに変換する際にも、ビタミンAは不可欠なのです。


  ■ビタミンAの働き


 不足するとなり安い症状
 ビタミンAが不足すると、体外から侵入してきた化学物質や重金属など発がん物質の作用が
 増強していきます。そのほか次のような症状があらわれやすくなります。
 
 目・・・・・・・・角膜の潰瘍、涙が出なくなる、夜盲症

 皮膚・・・・・・爪がもろくなる、皮膚が乾燥する

 骨・・・・・・・・骨の成長が悪くなる、骨と歯の仕組みがもろくなる
        歯のエナメル質が弱くなる。

 五感・・・・・・味を感じなくなる


 全身・・・・・慢性疲労、食欲減少、体重減少、下痢、呼吸器感染症、潰瘍性結腸炎、
        肝硬変




Copyright(c) サプリ健康維持通信