スルフォラファン

スルフォラファンのページ


 スルフォラファン

                                                                                        スルフォラファン


           スルフォラファンページでは、
           スルフォラファンの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないスルフォラファンのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク




 トップページ>スルフォラファン                                         




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他


















 ■スルフォラファン

 スルフォラファンとは、ブロッコリーやキャベツ、かいわれ大根、カリフラワーなどのアブラナ科の植物に含まれ、ピリッとした辛味成分です。

 1992年にブロッコリーに含まれるがん予防作用が高い物質として発見されました。
  
 発芽したばかりの新芽には、ふつうのブロッコリーの20〜50倍含まれることが1997年にわかってから注目が集まり、日本でも人気が出てきています。

 アブラナ科の植物には、このほかイソチオシアナートやイソドール化合物などの臭い成分も含まれていてこれらにも抗酸化作用があります。

 







 ■スルフォラファンの作用

 抗がん作用、体内の解毒酵素の活性化などがあります。

本日もビタミン様物質です。スルフォラファンについてスルフォラファンとは、ブロッコリーやキャベツ、かいわれ大根、カリフラワーなどのアブラナ科の植物に含まれてます。

 ビリッとした辛味成分です。

 発芽したばかりの新芽には、ふつうのブロッコリーの20〜50倍含まれることが、1997年にわかってから注目が集まりってます。

  アブラナ科の植物には、このほかイソチオシアナートやイソドール化合物などの臭い成分も含まれいてこれらにも抗酸化作用があります。


 抗がん作用がある実験結果が発表されています。この他にも、体内の解毒酵素を活性化させるといった作用があるといわれてます。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典