脂質と栄養素辞典

脂質と栄養素のページ


 脂質と栄養素辞典

                                                                                      脂質と栄養素の辞典


           脂質と栄養素辞典では、栄養素の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにするページです。
           知ってるようで知らない資質のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク





 TOP>脂質                                                                     




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他




















 ■脂質の作用

 脂質には植物性油のように、室温で液体状になるものと、バターやラードに固体に
なるものがあり、前者は油、後者は脂とに区別されます。これらを称して油脂と呼びます。

 マーガリンやショートニングなどのに加工されるパーム油やカカオ脂のように、植物性油脂でも室温でも固体になっているものもあります。

 脂質は1gあたり9kcalと効率のよいエネルギー源であると同時に、ホルモンの原料
となったり、細胞膜の成分となったり、細胞膜の成分となったり、細胞膜の成分となったり、脂溶性ビタミンをよくするの働きがあります。

 主に動物性食品に多く含まれている飽和脂質酸は、とりすぎると動脈硬化を促進し心筋梗塞といった生命にかかわる病気を引き起こすリスクが高くなります。

 一方、植物油や同じ動物性脂質でも青魚などに含まれる不飽和脂肪酸は、コレステロールを低下させて動脈硬化を予防する作用があるのです。


 ■脂質の特徴

 脂質は水に溶けないので、そのままでは血液中には、溶けないのです。そのため、さまざまな物質と結びつき存在しています。体内の脂肪は、血液やリンパ液に含まれる循環脂質、脂肪細胞や肝細胞に貯臓されてる貯蔵脂肪質、細胞膜や脳神経細胞の構造脂質の3つに分けられます。

 肥満の原因として悪くとらえがちな脂質なにですが、細胞膜の成分となって細胞を維持したり、血液中の脂質をコントロールしたり、体温を保持したり、体内の臓器を
体外からの衝撃から守るクッションのような役割もあるのです。

 脂質が不足すると、皮膚がかさつく、血管が弱くなるのです。



 ■摂取するために!

 脂質摂りすぎは肥満をまねく原因になります。摂取量には、注意が必要です。
また、脂肪酸をバランスよくとることが重要になります。

 望ましい脂肪酸の摂取比率は、飽和脂肪酸3に対し1価不飽和脂肪酸4、lDHA&EPAのnー3系脂肪酸を1の割合がいいと言われてます。

 これらの脂肪酸をバランスよくとるには、適度の植物油と魚介類をとる日本型食生活を実践することが重要になります。

 また不飽和脂肪酸は酸化されやすいため、抗酸化作用のあるビタミンEやβカロテン、ビタミンCなどといっしょに摂ることが重要です。
 



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよ素辞典