ビタミンAと栄養素辞典

ビタミンAと栄養素のページ


 ビタミンAと栄養素辞典

                                                                                        ビタミンAの辞典


           ビタミンA栄養素辞典では、栄養素の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らない栄養素のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク




 TOP>ビタミンA                                                                    




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他




















 ■ビタミンA
 
 ビタミンAは粘膜を保護して免疫機能を高めます。

 こんな人に摂ることをおすすめします。
 ・光がまぶしく感じたり、目がひりひりする人
 ・風邪をひきやすい人
 ・肌荒れが気になる人
 ・吹き出ものが出やすい人

 ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を保って免疫機能を維持したり、視力を正しく
 保つ働きがあります。

 ビタミンAが不足すると、皮膚や消化管、肺や気管支などの外と接している上皮細  胞の代謝がうまく行われなくなるのです。

 そのために肌がかさついたり、消化管の吸収能力が低くなったりするのです。

 また鼻やのどの粘膜が弱くなると、空気中の病原体が体内に入り込み、
 感染症にかかりやすくなるのです。

 ほかに、ビタミンAが不足すると、夜盲症になるとも言われています。これは、網膜
 にあるロドプシンという明暗を感じる物質がビタミンAから作られるからです。

 ●ビタミンAの特質

 食品に含まれるビタミンAは、動物性食品に多く含まれ体内でそのままビタミンAに
 つくりかえられて作用するプロビタミンAとがあります。

 緑黄色野菜や果物などに多く含まれカロテノイドがプロビタミンAとして知られていま す。

 現在では、約600種類ののカロテのイドが発見されてます。このなかの約50種類
 がプロビタミンAです。一般的に知られているものは、αカロテンやβカロテン、
 そのほかクリプトキサンチンがあります。ほうれん草、にんじんといった緑黄色野菜
 やみかんなどに多く含まれています。

 ■摂取するときの注意

 ビタミンAは、とりすぎには、注意が必要と言われています。たしかに、
 腸管から直接吸収されるビタミンAを摂りすぎると過剰症が心配されます。

 しかしビタミンAを多く含むレバー。あんこう肝、うなぎなどは、毎日大量に
 食べる食品ではないので、ほとんど心配はありません。

 短期間に15ug以上の摂取もしくは数か月〜数年の間、1日300ug以上の
 摂取を続けたときに過剰症が起こると報告されています。

 βカロテンの唯一の副作用は、手のひらや足の裏が黄色くなるカンピ症ですが
 しばらく摂取を抑えればもとに戻ります。







 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



スポサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう素辞典