クロロゲン酸

クロロゲン酸のページ


 クロロゲン酸

                                                                                           クロロゲン酸


           クロロゲン酸ページでは、
           クロロゲン酸の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないクロロゲン酸のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク



 トップページ>クロロゲン酸                                         




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他











 ■クロロゲン酸

 ダイエットに効果的ということで注目を浴びてます。

 クロロゲン酸とは、コーヒー、赤ワインに含まれポリフェノールの1種です。苦味成分のことです。

 量が少ないときは、酸味や甘みやコクにもなると言われていて複雑な物質です。

 ごうぼう、さつまいもの切り口が茶色くなるのはクロロゲン酸によるものです。

 切り口が酸化するのを防ごうとするためなのです。また、ふきのとうの苦味成分やアクの成分にもなっています。






 ■クロロゲン酸化の作用

 血糖値の上昇を抑制。生活習慣病の予防に効果あるのではと言われてます。

 クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれています。

 焙煎によって含有量がかわり、深煎りすると少なくなってしまいます。

 コーヒーを抽出するときには、時間をかけるクロロゲン酸の量が増えると言われてます。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典