クエン酸

クエン酸のページ


 クエン酸

                                                                                            クエン酸


           クエン酸ページでは、
           クエン酸の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないクエン酸のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク



 トップページ>クエン酸                                         




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他












































































 ■クエン酸

私たちの身体は本来、弱アルカリ性ですね。しかし、体調が悪い、病気かかったりすると酸性に傾きます。

 人の身体には自然治癒力という自分で悪いところを治す力があります。身体が酸性に傾くと、この自然治癒力が弱まってしまいます。

 酸性かかアルカリ性はPHという水素イオン濃度の表示で表します。

 真ん中の中性はPH 7.2で、酸性はそれより小さい数字でアルカリ性は大きい数字になります。

 通常は血液はPH 7.4ですが、水液や尿は血液より酸性に傾いています。

弱アルカリ性につて記事にあいましたが、皆さんも知ってることだとは、思います。

 人の身体は、酸性とアルカリ性がバランスを保つように働きます。

 このバランスが崩れると発熱や発汗、下痢などがおこりやくなるのです。


 しかし多くの人が酸性体質の傾向にあるのです。酸性体質の人は体調が優れないため、朝起きるのがつらい、ひどい便秘や肩こりに悩まされがちです。

  疲れやすく、風邪も引きやすくくなります。では酸性体質にするためには?

 疲れは早く抜きたいですね。


 そのためには、酸性体質を弱アルカリ性体質にすることですね。

 酸性食品を控えて、アルカリ性食品をと摂るようにしてください。

 酸性食品は肉類、魚介類、アルコール類などですね。

 過剰に摂ることに注意しましょう。

 *肉類、魚介類で良質のタンパク質を多く含んでいる

  もので適量なら問題はないです。

 いっぽう野菜、果物はアルカリ性食品ですので、積極的に食べましょう。

 見方を変えると、肉類などの酸性食品を多く摂り過ぎたとしても、その分のアルカリ性食の野菜、果物を多く食べれば、健康は保たれます。

 ところが野菜、果物より酸性体質改善に効果的なアルカリ性食品があるのです。

 それがクエン酸です。

 
 疲れには、急性疲労と慢性疲労があります。長時間、短時間集中して仕事や勉強をするとその後に疲れがどっとでることがありますね。

 またスポーツや趣味を楽しんだ後でも

 ここちのよい疲労感がありますね。疲労というものは、全体的また部分的に身体を酷使すると出てきます。

 一般的な心身の疲労だけでなく、目の疲れ、内臓の疲れなども同様ですが、一口に疲労と言っても、その種類は、さまざまです。

 まず全身疲労ですが、主に筋肉の疲労です「身体的疲労」と、脳や神経の疲れ「精神疲労」があります。さらには「急性疲労」、「慢性疲労」とに分けることもできます。

疲れには、いくつかの種類があると記事にしました。そのなかの急性疲労は、運動の途中や運動が終わった後に出てきますね。

 たいがいは1晩ぐっすり眠ったり、何日間か激しい運動をやめてゆっくり休むことで回復します。


 反対にいくら休養してもまったく回復をしないしつこい疲れを慢性疲労といいます。


 疲れの原因は、乳酸にあるのですが、なぜ疲れたときはクエン酸がいいのか?

 クエン酸はこの疲労物質の乳酸を取り除く働きがあるのです。

 これには、クエン酸サイクルという食物から摂取する分解システムが関係してます。
 
  乳酸は主に、筋肉組織に蓄積されます。それが肩の部分たまると肩こりになり、腰にたまると腰痛の原因になります。

 疲労感をなくすためには筋肉組織にたまった乳酸を速やかに分解されなければ、なりません。

 ところが、クエン酸が体内に入ると、乳酸の分解されるサイクルが活発になり、体内に蓄積されなくて済むのです。

 ですので疲れたときには、クエン酸を飲みましょう。
 






 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典