コリン

コリン のページ


 コリン

                                                                                          コリン


           コリンのページでは、
           コリンの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないコリンのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク



 トップページ>コリン                                                           




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





 ■コリン

 血管を拡張させて血圧を下げる物質にアセチコリンがあります。

 高血圧を予防すと言われています。

 また細胞粘膜を構成するレシチンの材料にもなります。


 
 ■コリンの作用

 レシチンをつくるため高血圧や動脈硬化、脂肪肝を予防すると言われています。

 アルツハイマー病などの記憶力低下は、コリンの不足が関係してるとも言われています。

 コリンには、脳細胞の記憶形成を助ける働きがあるとされています。


  体内でも合成されますが、食品での摂取も必要です。

 豚、牛のレバー、卵黄、大豆製品、えんどう豆、牛肉豚肉などに含まれてます。

 水溶性のビタミン様物質ですので、とりすぎる心配はありません。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典