コレステロールのページ

コレステロールのページ


 コレステロールのページ

                                                                                    コレステロールのページ


           コレステロールのページでは、コレステロールの
           役割を説明し、日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないコレステロールのことや
           知ってることでも再度確認し、
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク



 TOP>コレステロール                                                                 




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他




















 ■ コレステロール
 とりすぎても不足しても弊害があります。

 コレステロールの作用

 動脈硬化や高脂血症の原因となるために、コレステロールは、悪い扱いを
されていますが、実際には、細胞膜やホルモン、胆汁酸などの原料になるものです。
生命活動には欠かせないものです。

 コレステロールはそれだけでは、血液に溶け込めません。リン脂質やたんぱく質と
結びつきリポたんぱくとして、血液中に存在します。

 リポたんぱくは、4種類に分けられます。
  
 ・カロイミクロン・・・中世脂肪を運搬するもの
 ・VLDL・・・・・・・・・肝臓で合成された脂質を全身に運ぶもの
 ・LDL・・・・・・・・・・コレステロールを肝臓から全身に運ぶもの
 ・HDL・・・・・・・・・・余ったコレステロールを肝臓に回収するもの

 血中にLDLが増えると動脈硬壁に入りで、酸化されやすく、動脈硬化が進行していまうのです。HDLが多い場合は、血中の余分なコレステロールを回収する掃除屋としての役割を果たすために、逆に動脈硬化リスクが低くなるのです。

 このため、LDLを悪玉コレステロール、HDLを善玉コレステロールと呼ぶのです。

HDLを増やすためには、DHAやEPAの多い青魚や適度なアルコールがよいと言われてます。

 コレステロールの特徴

 食品からの過剰摂取が心配されるコレステロールですが、食品から摂る量より、
体内でつくられる量のほうが多いのです。日本人が食品からとるコレステロールは、
1日300〜500mg程度で、摂取したコレステロールの3分の1〜2分1程度しか吸収されません。

 これに対して、肝臓、小腸でつくられる量は、1日1000mg〜2000mgにもなるのです。

 体内で合成されてるコレステロールの量は、食物からの摂取量が多い場合は、
制限されます。少ない場合は合成が促進されて、常に一定量のコレステロールが
体内に存在するようになっているのです。

 摂取するときの注意点

 コレステロールのコントロールがうまくいっていれば、食品に含まれるコレステロールに神経質になる必要にならなくていいのおですが、体質によっては、コレステロール値が高くなりやすい人もいます。

 また女性の場合は、閉経を迎えると女性ホルモンの低下によって、コレステロール
が高くなりやすくなります。
 
 コレステロール値を下げるには、適度な運動が効果的です。
 また、食べすぎでエネルギー過剰になると、体内のコレステロール合成が促進されます。この場合は、肥満に注意ですね。





 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう素辞典