キシリトール

キシリトールのページ


 キシリトール

                                                                                          キシリトール


           キシリトールページでは、
           キシリトールの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないキシリトールのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク



 トップページ>キシリトール                                         




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





  ■キシリトール

 結構CMなどで聞きますね。知ってる人も多いと思いますが、確認してみてください。キシリトールとは、とうもろこしの芯や白樺の樹皮を加工してつくられている新しい甘味料のことです。


 甘さの程度は、常温ではしょ糖やグルコースと同じでむし歯になりにくく、冷涼感があります。






 ■キシリトールの作用

 口中の細菌類のエサになりにくいため、むし歯を起こしにくいと言われ、ガムなどの甘味料として使われています。

  キシリトールと同じような、むし歯になりくい甘味料としてエリスリトールやパラチニット、マルチトールなどがあります。

 キシリトールはしょ糖に比べ1kgあたり3kcalとやや低エネルギーで、血液値やインスリン分泌に影響を与えないことが特徴です。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典