ケルセチン

ケルセチンのページ


 ケルセチン

                                                                                        ケルセチン


           ケルセチンページでは、
           ケルセチンの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないケルセチンのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク





 トップページ>ケルセチン                                         


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他



 ■ケルセチン

 ケルセチンとは、柑橘類やりんご、緑茶葉、紅茶、玉ねぎなどに含まれてまいます。

 茶色い色素成分のひとつで、フラボノイド化合物です。

 玉ねぎの皮の茶色い部分に多く含まれていて、昔から玉ねぎの皮を煎じた汁が染色に使われたり、ハム、ソーセージの色づけに使われたりしていました。

 ケルセチンは、ビタミンCといっしょにとると、抗酸化作用が強くなります。

 ビタミンCが酸化されたケルセチンを少なくし、ケルセチンがビタミンCの酸化を防ぐためです。






 ■ケルセチンの作用

 抗酸化作用に加えて、毛細血管を丈夫にしたり、糖尿病性白内障を予防したり、血栓ができるのを防いだりします。




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典