グルコサミン

グルコサミン のページ


 グルコサミン

                                                                                          グルコサミン


           グルコサミンのページでは、
           グルコサミンの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないグルコサミンのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク




 トップページ>グルコサミン                                                           




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





 ■グルコサミン

 体内の間節の軟骨細胞をつくるものとなもとになるアミノ酸の一種が
 「グルコサミン」です。

 体内でもつくられるものですが、年齢とともに生成される量が減っていきます。

 軟骨細胞は、関節の骨と骨が結びついている部分にあります。
 
 軟骨細胞は、年齢とともに少しずつ減っていくため保護膜がすり切れ、骨と骨が直接当たるようになると、違和感、痛みを覚えるのです。

 中高年や太っている人が膝の痛みを感じるのは、膝の軟骨がすり減っているからなのです。

 このようなときに、グルコサミンをとると軟骨の修復に役立つと言われています。








 ■グルコサミンの作用

 グルコサミンは、軟骨の成分として重要なだけでなく、軟骨を分解する酵素の働きを抑制して軟骨がすり減るのを防ぐ働きがあります。

 また炎症をおさえる作用、抗酸化作用もあります。

 体内でもつくられるため、若くて健康な人は不足する心配はありませんが、

 関節痛に悩ませられている人は、上手にサプリメントなどで摂取しましょう。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典