ビタミンと栄養素のページ

                                                                                 ビタミンと栄養素のページ

 ビタミンと栄養素

                                                                                  ビタミンと栄養素のページ


       ビタミンと栄養素のページでは、ビタミンの役割を説明し、
       日々の生活で役立つようにする辞典です。知ってるようで
       知らない栄養素のことやビタミンのこと、知ってることでも
       再度確認してください。健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク


 TOP>ビタミン                                                                    




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





















 ■ビタミン

 微量ではありますが、生命活動の維持に不可欠なのです。

 ビタミンはエネルギー源にはなりませんが、三大養素の代謝をたすけたり、
 体の機能をを正常に働かせる多めにかかせないのです。

 いずれも必要な量はごくわずかなのですが、毎日、食事から一定量をとらないと、
 病気になったり、死を招くこともあります。

 ビタミンが最初に発見されたのは、1900年代です。以前にはビタミン不足による
 不調は、原因不明の病気と言われていました。

 ●ビタミンとビタミン様物質
 
 現在、ビタミンは13種類となっていますが、これ以外にも、ビタミンのような作用を
 もつ物質があり、これをビタミン様物質と呼びます。

 これらは、栄養素としての作用でなく、薬理作用を持つのが特徴です。

 ■脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン

 ビタミンには水に溶ける水溶性ビタミンと脂質に溶ける 脂溶性ビタミンがあります、水溶性ビタミンはとりすぎ   たとしてみも、過剰な分は尿とともに体外に
 排出されるので、蓄積する心配あないのです。

 脂溶性ビタミンは、水に溶けにくい、消失が少ない、
 脂肪と合わせてとけると吸収されやすいといった特
 徴があるのです。

 ただ、体内に蓄積されるので、とりすぎるによる過剰症の心配があります。
 摂取量には注意が必要です。

 ●腸内の善玉が合成するビタミン

 ビタミンには、体内で合成されるものもあります。ビタミンB群やビタミンKは、
 腸内の善玉菌によって合成されます。

  便秘が続くと腸内環境を悪化させ悪玉菌を増やし、善玉菌によるビタミンの
 合成能力も低下させてしまうのです。

 また抗生物質を長期間使用すると、腸内の善玉菌まで殺していまい
 服用中は腸内環境に努力しましょう。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう素辞典