★ビタミンKのページ

ビタミンKのページ


 ビタミンK

                                                                                       ビタミンKのページ


           ビタミンKのページでは、ビタミンKの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないビタミンKのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク


 TOP>ビタミンK                                                                   




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





















 ■ビタミンK

 ビタミンKは、骨の健康維持には、欠かせないのです。
 
 ビタミンKの作用
 血液凝固因子の合成を助けるので、不足すると、出血がとまりにくくなるのです。

 血液凝固因子とは、出血しけつしたときに血液を固まらせて、血を固まらせる働き
 がある物質なのです。

 その一方で出血していないときには、血液を固まりにくくするようににも働くのです。

 また、ビタミンK1は、カルシウムが骨に沈着するのを助けるたんぱく質を合成させる
 ときにはは欠かせない物質なのです。

 このため、骨を強くして骨を強くする働きがあるのです。

 ☆こんな人には必要です。
  ・骨が弱くなっている。
  ・抗生物質を服用している
  ・妊婦・授乳婦

 不足したときには、カルシウムがうまく取り込まれずに、骨がもろくなって
 骨粗しょう症を招いてしまうのです。


 ■ビタミンKの特質

 緑黄色野菜に含まれるビタミンK特徴

 緑黄食野菜に含まれるビタミンK1と納豆に含まれたり、腸内でつくられるビタミンK2
 があります。
 
 どちらも吸収されやすいので、ふつうの食事をしていれば不足することは
 ほとんどありません。

  ビタミンK2は抗酸化物質などを長期間服用していると、腸内細菌が無差別に
 攻撃さら、不足することもあるので注意が必要になります。

 生後間もない新生児の場合、腸内細菌がないので、ビタミンK2の合成を行うことが
 できません。

 その結果、脳に出血が起こり、死に至ることなどもあります。現在では、新生児には
 ビタミンKシロップを処方して、粉末ミルクには、ビタミンKが添付されています。

 閉経後の女性は、女性ホルモンの減少により、骨密度が低くなり、骨粗しょう症に
 かかりやすくなるのです。

 このとき血中のビタミンK濃度も低下するので、ビタミンKを含む食品をとると
 骨の健康維持に役立ちのです。

 ■摂取時の注意点

 腸内環境が整っていないと、スムーズにビタミンK2をつくることがでないのです。
 腸内環境を整えるに適しているのは、ヨーグルトやナチュラルチーズ、キムチ、
 納豆なの発酵食品です。

  また、オリゴ糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養となり、
 善玉菌を増やしてくれるのです。
 
 最近では、生きたまま腸内に届くビフィズス菌を含む食品もありますので、
 これらを利用することもいいでしょう。

 


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典