★ビタミンBと栄養素辞典

ビタミンBと栄養素辞典のページ


 ビタミンBと栄養素辞典

                                                                               ビタミンBと栄養素の辞典


           ビタミンBと栄養素辞典では、栄養素の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らない栄養素のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク





 TOP>ビタミンB(2)                                                              




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他





















 ☆☆ビタミンB群 2

 ■ビタミンB12
 悪性貧血を防ぎ、神経の働きをささえる働きがあります。ビタミンB12は、赤い色を
 した水溶性のビタミンです。葉酸としっしょになって赤血球のヘモグロビンの合成を
 助ける働きがあります。

 不足すると造血がうまくいかず、赤血球の数が減ったり、異常に大きい赤血球がで きたりするのです。

 これを悪性貧血と呼びますが、これ以前は原因不明なために、治療法がない難し  い病気といました。現在は、葉酸とビタミンB12との関わり、これらの栄養素を補給
 すれば症状が改善されるようになりました。

 ビタミンB12が不足すると、貧血を招き体をだるくなったり、めまい、動悸、息切れ、
 手足のしびれなどを感じます。
 
 ■ビタミンB12特質
 筋肉や神経を正常に機能するためには、ビタミンB群が欠かせないですが、ビタミン
 B12は、神経細胞内のたんぱく質や核酸の合成を助けたり、修復などします。

 脳の正常に働かせるのですが、加齢とともに、不足しやすいという特徴があるの
 です。

 不足すると、うつ状態を招いたり、アルツハイマー病とも関係することがわかってい ます。
 
 ビタミンB12はレバーや魚の血合肉、貝類、牛乳、チーズといった、良質のたんぱく
 質を含む食品に含まれています。

 ☆こんな人には必要です。
 ・悪性の貧血がある人
 ・胃酸が少ない人、胃腸が弱い人
 ・菜食主義である人
 ・高齢である人
 ・アアルコールが好きな人
 ・強い運動をしている人
 ・タバコを吸う人

 ■葉酸
 健康な赤血球をつくるたには不可欠です。ビタミンB12といっしょに、赤血球を
 つくるために欠かせないビタミンです。
 
 赤血球は、約4ヶ月周期で新しいものが作られています。このときに葉酸が不足す ると巨赤芽球という異常に大きな赤血球ができて悪性貧血になってしまいます。

 ほかに、葉酸はたんぱく質の合成にもかかわっているのです。不足すると粘膜の
 新陳代謝がうまくできなくなったり、口内炎ができやすく、潰瘍といった粘膜の異常
 が起こりやすく、潰瘍といった粘膜の異常が起こりやくなるのです。

 妊娠中や乳受中は、とくに摂取がすすめられます。これは、胎児や乳幼児の
 成長に、葉酸が使われるからなのです。葉酸が不足すると、胎児や乳児では、
 脳神経細胞の成長や代謝に異常が現れて発育不全うぃお起こす注意が必要
 なのです。

 葉酸不足で起こる貧血が、大人よりも子どもに多いのは、成長のためには、
 必要なたんぱく質なたんぱく質の合成に、葉酸が欠かせないのからなのです。

 ☆こんな人に必要なのです。
 ・貧血ぎみである人 
 ・緑黄色野菜をあまりあまり食べない人
 ・アルコールを多量にとる人
 ・妊娠中・授乳中の人
 ・禁煙習慣がある人

 ■パテント酸
 ストレスに対する抵抗力をつけるのです。かつてはビタミンB5とも呼ばれていました
 糖質あy脂質の代謝を中心に、エネルギーをつくり出すときに働く、さまざまな酵素
 の作用をサポートするビタミンです。

  また免疫機能やストレスへの抵抗力に大きな役割を担っているのです。

 人はストレスを感じると副腎皮質ホルモンという、抗ストレスホルモンを分泌して
 ストレスに対抗します。

 このとき、副腎脂質ホルモンの生産を助けるのがパテント酸です。

 またビタミンB6や葉酸など、ほかのビタミンB群や葉酸など、ほかのビタミンB群
 とともに抗体という免疫機能に働く物質つくりだすのです。

 これらが不足すると、かぜをひきやすくなったり、感染症にかかりやすくなったり
 します。ほかには、皮膚、髪の毛などがパサついたりなどがあります。

 ☆こんな人には必要です。
 ・ストレスが多い人
 ・かぜをひきやすい人
 ・口内炎ができやすい人
 ・食欲不振の人


 ■ビオチン
 髪の毛が抜けたり、白髪を予防に有効です。ビオチンは、ラットの実験で、卵白を
 大量に与えると皮膚病を起こすことから発見された物質です。

 糖質、脂質、たんぱく質の代謝にかかわっているのです。このほか、皮膚や
 髪の毛を健康に保つためにも、重要な働きを担っているのです。

 不足すると、髪の毛が抜けたり、白髪が抜けたり、白髪になりやすくなったり、
 肌に湿疹ができやすくなったり、疲労感や憂うつ感を覚えるようになります。

 髪の毛や皮膚を、健康を保つために不可欠な栄養素です。ビタミンA、ビタミンB2
 ビタミンB6、ナイアシンなどといっしょにとるより効果的です。

 また、腸内細菌によっても合成されておます。そのため、抗生物質などを長期に
 服用していると、腸内の善玉菌が減少して減ってしまいます。

 このような人は、食品、サプリメントから積極的に摂ることをオススメです。

 ☆こんな人は必要です。
 ・抗生物質を服用している人
 ・抜け毛が気になる人
 ・白髪が気になる人
 ・肌荒が荒れている人

 
 
 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう素辞典