ビタミンBとえいようそ辞典

ビタミンBとえいようそ辞典のページ

 ビタミンBとえいようそ辞典

                                                                                ビタミンBとえいようその辞典


           ビタミンBえいようそ辞典では、栄養素の役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らない栄養素のことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク



 トップ>ビタミンB(1)                                                             




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他




















 ☆☆ビタミンB群
 
 ■ビタミンB1
 糖質の代謝に欠かせない栄養素です。ビタミンB1の作用は、糖質が代謝されるとき
 に必要な栄養素なのです。不足すると、糖質がきちんと代謝できずに乳酸などの疲 労物質が体内に蓄積され、疲労感が強くなるのです。

 ビタミンB1不足が続くと、手足のむくみや痺れ、息切れといった症状が現れたりしま
 す。このような状態を脚気といいます。
 
 江戸時代末期になり、白米を主食にするようになってから脚気が増え江戸患いと
 も言われていました。

 ■ビタミンB1の特質
 
 ビタミンB1は、神経ビタミンとも呼ばれています。神経の機能を円滑に保つのに
 役立っています。このため、不足すると物忘れがひどくなったり、うつな気分に
 陥ったり、イライラするといった症状が現れたりします。

 ☆このような人におすすめです。
 
 ・インスタント食品や加工食品をとることが多い人
 ・アルコールや糖質を多くとる人
 ・運動量が多い人
 ・外食が多い人
 ・疲れやすい人
 ・喫煙習慣がある人
 

 ■ビタミンB2

 成長に欠かせない発育のビタミンです。ビタミンB2の作用は、たんぱく質や脂質
 糖質の代謝に関係しているのです。

 このため、エネルギー摂取量が多い人は、通常の量より多くの必要となるのです。

 たんぱく質の合成にmかかわっていrため、健康な皮膚や髪の毛、爪、などと
 つくったり、子どもの成長を促したりします。

 ビタミンB2が不足すると、小鼻のまわりに脂のぶつぶつがたくさんできたり、
 口内炎ができたり、目が充血したりします。このため美容ビタミンとしても
 知られています。

 ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐのですが、ビタミンB2はつくられた有害な
 過酸化脂肪を分解・消去するのに役立つのです。

 そのため、ビタミンEといっしょにビタミンB2を十分とっていると、動脈硬化の予防
 が期待できます。

 ☆こんな人におすすめです。
 ・ストレスた多い人
 ・目が疲れやすい人
 ・口内炎や口角炎ができやす人
 ・小鼻のまわりに脂のぶつぶつができやすい人


 ■ナイアシン
 糖質と脂質の代謝に働くビタミンB群の一種で、かつてはビタミンB3とも呼ばれて
 いました。

 炭水化物、脂質、たんぱく質といった三大要素がエネルギーにつくりかえられるとき に欠かせない要素素なのです。

 体内でも必須アミノ酸のひとつであるトリプルファンからつくりかられます。

 ナイアシンは、アルコールや2日酔いのもととなるアセトアルデヒドが分解させる
 ときにも必要なのです。

 つまみを食べずに、アルコールだけを摂取する人は、ナイアシン不足になりやすい
 ですので、注意が必要です。

 ナイアシンを大量にとると、血流が増加して顔、首があかくなる症状がでるとも
 言われていますが、食事から摂取する場合はさほど神経質にならくても、大丈夫
 です。
 
 ■ナイアシンの特質
 ナイアシンが不足するとペラグラという皮膚病を発症します、ペラグラは、イタリア語
 で、荒れた皮膚を意味すます。ここから名づけられたもので、日光にあたる顔、
 手足に、炎症が起きる病気です。ひどい場合には、胃腸障害や精神障害も見られ  ます。

 ☆こんな人には必要です。
 ・アルコールを多く摂る人
 ・冷え症が気になる人
 ・肌荒れが気になる人
 ・胃の調子がよくない人



 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


スポンサードリンク



                                          Copyright(c)簡単なえいよう素辞典