硫化アリル

硫化アリル のページ


 硫化アリル

                                                                                          硫化アリル


           硫化アリルのページでは、
           硫化アリルの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らない硫化アリルのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 


スポンサードリンク



 トップページ>硫化アリル                                                           




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他

スポンサードリンク









 ■硫化アリル

 にんにくや玉ねぎに含まれます。

 にんにくや玉ねぎなどの刺激臭や辛味成分のことです。

  硫酸化アルカリは、イオウ化合物の総称です。

 にんにく特有のアミノ酸アリインは、切ったり、すりおろしたりすると酵素が働き、あの臭いものととなるアリシンに変わります。

 アリシンは空気に触れるとイオウ化合物であるSアリルシステインやアリルフィド酸、アホエンなどに変わります。

 にんにくや玉ねぎは、酢や油に漬けて保存することをおすすめします。







 ■硫化アリルの作用

 アリシンはビタミンB1と結びついてアリチアミンになり疲労回復に効果を発揮します。アリシンが変化したイオウ化合物は、コレステロールを低下さたり、血行をよくしたり、動脈硬化予防に役立ちます。

  生のにんにくに含まれるアリシンを多量に摂ると赤血球を壊して貧血をまねくので、食べすぎには注意です。

 にんにくは生なら1片、加熱してり酢漬けならば2片〜3片くらいにしましょう。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典