アントシアニン

アントシアニンのページ


 アントシアニン

                                                                                       アントシアニン


           アントシアニンページでは、
           アントシアニンの役割を説明し、
           日々の生活で役立つようにする辞典です。
           知ってるようで知らないアントシアニンのことや
           知ってることでも再度確認してください。
           健康維持・美容に役立ててください。 

スポンサードリンク





 トップページ>アントシアニン                                         




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   たんぱく質
   アミノ酸
   脂質の作用
   脂質の種類
   糖質
   コレステロール
   炭水化物
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミンの役割 
   ビタミンA
   カロテノイド
   ビタミンB(1)
   ビタミンB(2)
   ビタミンC
   ビタミンD
   ビタミンE
   ビタミンK
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ファイトケミカル
  ビタミンと似た働きをする物質
  その他

スポンサードリンク












 ■アントシアニン

 アントシアニンという名前を聞いたことがないのではないでしょうか?

 アントシアニンとは、ブルーベリー、ぶどう、なす、黒米、黒豆などに含まる青紫の色素です。

 目の機能を向上させることで知られてます。

  赤ワインを飲むと動脈硬化が予防されると言われてますが、これは、アントニシンの抗酸化作用も大きく関わっています。
 
  アントニシンは水溶性の色素なので、摂りすぎる心配はありません。アントニシンの成分であるシア二ジングルコシドは赤紫色のいんげん豆、紫キャベツ、プルーンなどに含まれてます。




 ■アントシアニンの作用

 目の網膜にはロドプシンという光の刺激を脳神経細胞に物質があるのです。

 アントシアニンには、ロドプシンを再合成する作用があるのです。ですので目の機能を向上させると言われてます。


 ほかにも、肝機能の改善、血圧の上昇の抑制、血液凝固の抑制などの作用があると言われてます。

 抗酸化作用が強いため、老化を防いだり、がんの予防に役立つのではと言われてます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ★体系図
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   アミノ酸の体
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   脂質の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   炭水化物の体系
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ビタミン早分かり表
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサードリンク

                                          Copyright(c)簡単なえいよう辞典