骨盤の歪みで痩せない

骨盤のゆがみで痩せない

 

痩せない原因の一つに骨盤のゆがみがあります。そういう人に見かけることに脚が太いこととO脚やX脚で悩んでいる人たちです。

 

 

これは骨盤がゆがみが原因です。骨盤のゆがみが、下半身太り、脚痩せできないことにつながっています。O脚やX脚の他に関節のゆがみや重心のズレなどもあることが考えられます。

 

 

O脚での特徴は、下半身の関節の捻じれやズレが生じています。その骨の曲がり、出張り、関節の捻じれやズレが筋肉と脂肪のつき方などが複雑に影響しあっていることが多いのです。

 

 

そしてO脚は骨盤が開いた状態にあるようで、重心が外側に傾いていると思われます。外側のほうが減り方が大きくなっているは、O脚の特徴でもあります。つまり体のバランスが外側に向いているのです。

 

 

X脚での特徴は、骨盤が閉じた状態になっていると考えられます。足が内側に入ることが多くなり、正常な歩き方ができないのです。

 

 

これが、脚と体の連動した動きにならないため、脚の新陳代謝が悪くなってしまいます。そして下半身太りとなり、最悪は脚痩せすることができなくなってしまいます。

 

 

O脚やX脚の人は、骨盤がゆがまないようなに日常生活から工夫が必要です。椅子にすわったらすぐに足を組む、横座りをする、片脚立ち、ハイヒールを履くなどはバランスが悪くなることです。なるべくしないようにすることも大切になります。