骨盤のゆがみの種類

骨盤ダイエット種類

 

骨盤のゆがみは、3種類あります。
一つ目はラインのズレ、二つ目は回旋のズレ、三つ目は開閉のズレです。

 

 

一つ目ラインのズレとは、腸骨の高さです。腸骨とは一般的に腰骨と呼ばれますが、ウエストから少し下がった箇所で、出っ張った骨盤の骨の事です。

 

 

この骨の周囲が腸骨周囲になります。ラインが上がると脚の長さがわずかですが、短くなります。

 

 

二つ目は回旋のズレです。骨盤が右だったり、左だったり、前後だったりゆがみのことです。

 

 

三つ目開閉のズレとは、骨盤の開き具合のことです。骨盤の前に、出っ張りからおへそまでの距離での距離で認識できます。特に、出産すると開き易くなります。

 

 

などがあり骨盤がゆがむと

 

  • 腰にだるさを感じる
  • 坐骨神経痛で脚がしびれる
  • 太りやすい体質になる
  • 疲れやむくみが起こりやすい
  • 体が側湾して、内臓が異変を生じる
  • 新陳代謝が低下して、冷え症になりやすい
  • 肩こりに影響を及ばす
  • 子宮筋腫など婦人科系の症状が起こる
  • 生理不順や生理痛に繋がる
  • 便秘または下痢が起こりやすい